HOME|最新情報|製品&サービス|サポート|最新の研究成果|会社案内|コンソーシアム紹介|お問い合わせ|

最新情報一覧●最新情報

風力業界への提言など

セールスポイント

■九州大学 応用力学研究所 新エネルギー力学部門 風工学分野(*1)との共同開発

「RIAM-COMPACT® (リアムコンパクト)」の最新成果は↓
http://www.riam.kyushu-u.ac.jp/windeng/aboutus_detail03.html

チームリーダー: 内田 孝紀 准教授

*)開発者紹介;概要版 (2015.12.2更新)
*)開発者紹介:詳細版 (2017.9.1更新)

■九州大学発「レンズ風車(*1) 」の導入時の数値風況診断と経済性試算を
(株)リアムウィンド(*2)とともに実施

チームリーダー:大屋 裕二 特任教授

(*1)http://www.riam.kyushu-u.ac.jp/windeng/
(*2)「レンズ風車」の開発および販売 http://www.riamwind.co.jp/index.html

TV報道など

新聞報道など

月刊星ナビ 2017年4月号に掲載(TAO望遠鏡),2017.4
日本経済新聞その他に掲載(東芝との共同研究その他),2017.3
朝日新聞に掲載(関西電力高浜原発),2017.2
中日新聞に掲載(関西電力高浜原発),2017.2
新エネルギー新聞に掲載(九電工新エネ,西日本技術開発,日立製作所との共同研究),2016.12
日経産業新聞に掲載(日立造船との共同研究),2016.12
新エネルギー新聞WEB版その他4件に掲載(北九州市響灘地区における大規模・洋上風力発),2016.11
新エネルギー新聞に掲載(北九州市響灘地区における大規模・洋上風力発),2016.10
日刊工業新聞に掲載(風と流れのプラットフォーム),2016.7
日本経済新聞に掲載(東芝との共同研究),2016.3
毎日新聞WEB版に掲載,2016.1
毎日新聞全国版の朝刊に掲載,2016.1
国立極地研究所広報誌「極」2015年夏号に掲載(昭和基地),2015.12
日本経済新聞に掲載(佐賀県との取組),2015.12
新エネルギー新聞WEB版に掲載(東芝との共同研究),2015.12
日経産業新聞に掲載(東芝との共同研究),2015.11
南日本新聞に掲載(東芝との共同研究),2015.11
朝日新聞鹿児島版に掲載(東芝との共同研究),2015.11
日経BP環境経営フォーラムに掲載(東芝との共同研究),2015.11
オプトロニクスWEBジャーナルに掲載(東芝との共同研究),2015.11
エコタイムズ社に掲載(東芝との共同研究),2015.11
電気新聞WEB版に掲載(東芝との共同研究),2015.11
電気新聞に掲載(東芝との共同研究),2015.11
朝日新聞WEB版に掲載(東芝との共同研究),2015.11
朝日新聞に掲載(東芝との共同研究),2015.11
読売新聞WEB版に掲載(東芝との共同研究),2015.11
読売新聞に掲載(東芝との共同研究),2015.11
日本経済新聞WEB版に掲載(東芝との共同研究),2015.10
日本経済新聞に掲載(東芝との共同研究),2015.10
日経産業新聞に掲載(日立製作所との共同研究),2015.10
日本経済新聞WEB版に掲載(日立製作所との共同研究),2015.9
日本経済新聞に掲載(日立製作所との共同研究),2015.9
計算工学ナビに掲載,2015.9
HPCシステムズ株式会社のインタビューに掲載,2014.8
日経産業新聞に掲載,2014.7
日本経済新聞WEBに掲載,2014.7
日経産業新聞に掲載,2014.1
エコタイムズ社に掲載,2013.12
日経産業新聞に掲載,2013.12
マイナビニュースに掲載,2013.10
エネルギーと環境に掲載,2013.10
毎日新聞に掲載,2013.9
北海道新聞に掲載,2013.9
日刊工業新聞に掲載,2013.6
日経産業新聞に掲載,2013.5
朝日新聞夕刊に掲載,2013.5
企業特報(経営情報誌)「I・B」(Infomatin Bank)に掲載,2013.5
エコタイムズ社に掲載,2013.5
南日本新聞に掲載,2012.11
ジャパン・フォー・サステナビリティに掲載,2012.11
環境ビジネスオンラインに掲載,2012.10
日経産業新聞に掲載,2012.9
官庁通信に掲載,2012.8
環境ビジネスオンラインに掲載,2012.8
日刊工業新聞に掲載,2012.8
読売新聞に掲載,2012.7
西日本新聞に掲載,2012.6
日刊工業新聞に掲載,2012.5
共同通信の取材,2012.5
朝日新聞に掲載,2012.3
西日本新聞に掲載,2012.1
asahi.comに掲載,2011.11
西日本新聞に掲載,2011.7
日刊工業新聞に掲載,2009.6

新聞広告

「レンズ風車」建設のための数値風況診断

「九州大学広報室」からのプレスリリース

文部科学省「風と流れのプラットフォーム」および「ポスト京」課題6Cの合同シンポジウムを九州大学応用力学研究所にて開催(2017.02.10)
地形起因の大気乱流が大型風車の構造強度に与える影響の評価に成功−大規模風力発電の普及・拡大に期待−(2016.11.29)
北九州市響灘地区における大規模・洋上風力発電施設の導入に関する予備調査を実施(2016.10.07)
東芝ブランド初の風車建設に九州大学の研究成果が貢献−風況面の安全性を確認−(2015.11.13) *東芝との共同プレスリリース
TAO計画に関する大規模数値風況予測に成功−より安定した天文観測を可能にするために−(2015.05.01)
リアムコンパクト数値モデルにより国見山ウィンドファームにおける複雑な風の流れの再現に成功(2014.12.04)
リアムコンパクト数値モデルにより響灘風力発電所における風車の相互干渉の影響調査を実施(2014.09.01)
リアムコンパクト数値風況診断モデルにより南極昭和基地の気流を20cm空間解像度で計算(2014.04.24)
種子島宇宙センター・ロケット発射台周辺における地上風の数値風況予測に成功(2014.01.30)
数値風況診断技術リアムコンパクトにより響灘風力発電所における風況面の安全性を確認(2013.12.09)
北九州市響灘地区を対象にした局所的な風の流れの見える化を実施(2013.10.18)
太鼓山風力発電所(京都府伊根町)の「再生」に向けた数値的検討を実施(2013.07.22)
太鼓山風力発電所(京都府伊根町)で発生した風車落下事故に対する数値風況診断を実施(2013.05.07)
レンズ風車の震災地区導入支援のための数値風況診断を実施(2012.10.09)
風車周辺における複雑な気流の動きの「見える化」と年間発電電力量との相関の「明確化」(2012.08.06)
福岡市都心部における温熱を考慮した数値風況シミュレーションの実現とその可視化(2012.05.07)
環境省委託事業「博多湾浮体式海上風力発電の実証試験」において数値風況予測を実施(2011.12.26)
福岡市を対象とした大規模数値風況シミュレーションの実現とその可視化(2011.10.21)

「九大広報」への掲載記事

■数値風況予測技術「リアムコンパクト」による風環境評価
 九大広報,Vol.82,2012年7月,pp.19-20, pp.21-22

その他の研究トピック

奈良県鶴姫公園を対象にした数値風況診断(2016.6.10)
平坦地形(Flat Terrain)と複雑地形(Very Complex Terrain)の違い(2016.6.10)
中国の風力発電所を対象にした数値風況診断(2016.6.10)
Bolund Experiment(2016.6.8)
カルマン渦列とスペクトル解析(2016.6.8)
カルマン渦列の再配置問題(2016.6.8)
最小メッシュ幅の影響(2016.6.8)
ブロッケージの影響(2016.6.8)
流入風速プロファイルの影響(2016.6.8)
数値粘性の影響(2016.6.8)
流出境界条件の重要性(2016.6.8)
粗面乱流境界層の大規模計算の試み(2016.4.5)
格子乱流の大規模計算の試み(2016.4.5)
ティラノザウルスの周辺気流解析(2016.4.4)
林冠表層近傍の数値風況シミュレーション(2016.4.4)
ボンゴトラック(マツダ)の周辺気流解析(2016.4.4)
Implicit LES of drag crisis in flow past a circular cylinder
High-resolution LES of the airflow FAITH hill
High‐resolution LES of the airflow around a surface‐mounted cubic obstacle
正方形角柱を対象にした高解像度LES
扁平矩形柱を対象にした流れの3次元性の出現
Implicit LES法による平行平板間乱流の数値予測
Implicit LES法による高レイノルズ数正方空洞内流れ
円柱背後に形成される双子渦
カルマン渦列の形成には物体からの大規模な剥離が必要なのか?
種々の大気安定度を考慮した風車および小規模地形周辺流の数値シミュレーション
Zo型対数則に基づいた地面境界条件を課した数値風況シミュレーション
種子島宇宙センターおよび内之浦宇宙空間観測所における数値風況診断を実施
リアムコンパクト数値風況診断モデルで椎木講堂の風環境の事前調査を実施

主な受賞歴

■(公財)東電記念財団(2015)
■(公財)JFE21世紀財団(2014)
■日本風力エネルギー学会(2003, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011)
■(財)中部電力基礎技術研究所(2010)
■(財)船井情報科学振興財団(2006)
■世界風力・再生エネ・燃料電池会議(2005)
■日本流体力学会(2005)
■日経サイエンス(1997, 2002, 2003)

特許及び実用新案

ニュースレター

■No.001 2014年09月02日
■No.002 2014年11月05日
■No.003 2014年12月12日
■No.004 2015年01月23日
■No.005 2015年03月02日
■No.006 2015年04月09日
■No.007 2015年04月27日
■No.008 2015年09月03日
■No.009 2015年09月09日
■No.010 2015年09月14日
■No.011 2016年06月14日



最新の研究成果

リアムコンパクト ソフトウェア 日本語版
リアムコンパクト ソフトウェア 日本語版
リアムコンパクト ソフトウェア 日本語版

The Bolund Experiment

The Bolund Experiment 日本語版The Bolund Experiment 英語版

Meteodyn WTとの比較

実地形を対象とした比較

WindSimとの比較

OpenFOAMとの比較

Star-CCM+との比較

日本語版
(その1, その2, その3)
英語版
(その1, その2, その3)

パンフレットダウンロード

■受賞内容はこちら 

■受賞内容はこちら 

■受賞対象論文
■学会賞を受賞して

■研究概要はこちら